低音四弦的戯言
ベース弾きshinyaが繰り出す妄想・戯言・XXXX。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MRS-8 + MRT-3
最近ブログの更新頻度が危機的な状態なので
記事の時間軸がメチャクチャなんですが
さかのぼること5日間、前回書いたライブの日の
昼間まで戻りまして・・。

ギタ兄の所有するリズムマシン『MRT-3』と
ウチのMTR『MRS-8』の連動をテストしてみました。

ちなみに参加予定だったtakemaruからは
当日早朝5:40(オレが寝付いた直後とも言う。)
に次のような一通のメールがありまして。

ライブから合流します。
待ち合わせ場所、時間指示願います。

文面からきっとこれはバンド活動でアリバイ工作をし
某秘密結社の黒幕をデコピンで暗殺しに行った
に違いありませんが、未確認です。

当日の流れはめんどくさいのでギタ兄の記事をどうぞ。
そしてちゃんと戻ってきてください。
かなりウソくさいですが、ほぼホントなので余計困ります。

では、ちょっとまともに連動について。

オレの使っているMRS-8というMTRは8トラックのレコーダーに
ベースとドラムを打ち込めるリズムマシン機能もついていますが、
これの下位機種(旧機種?)の『MRS-4』は4トラックのレコーダー
のみなので、これとセットで使うことを前提として設計された
リズムマシン単体の機種がギタ兄所有のMRT-3という位置付けです。

こういうとMRS-4+MRT-3=MRS-8のイメージですが
さすがに単体売りしているだけあってタイコの数や音では
ギタ兄ドラムの方が優れているみたいですし、なにより
あるモノは使わなきゃソンということで、これから先は
レコはMRS-8、打ち込みはMRT-3でやることにしました。

ちなみにドラマーがいない以上、ドラム打ち込みは必須ですが
ベースを打ち込むようになったらベーシストとしては切腹モノなので
ベース打ち込みは後にも先にも使う気はないです。(笑

ここで問題になるのがMTRとリズムマシンの同期。

MTRの小節にリズムが合わないといろいろマズイので
2つを同じタイミングで動かす必要があるワケです。
MRS-4でできるんだからMRS-8でできないことはないハズですが・・。

MIDIですよ、MIDI。

ギタリスト&ベーシストがドン引きする魔法の言葉。MIDI
いやー、全然わかりません。MIDI

まぁどっちも同じZOOMの製品だからMIDIケーブルつなげば
動いちゃったりするんじゃないの?と甘く考えていたんですが

世の中そんなに甘かった。

いきなり動きました。(笑

もうね、ギタ兄が何しようとオレの手元で何でもできちゃう。
スタート、ストップはもちろん、テンポもリアルタイムで
ぐるんぐるん動いちゃいます。

ギタ兄の脳ミソを乗っ取った支配感に酔いしれたところで
長くなったので、この日のお話は次回へ続く・・。
スポンサーサイト

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
スタジオで使うなら
俺の方もハナから変調かけといた方が良さそうだね。多分コッチでテンポ変えてもおいても、強制的に手ごめにしてもらえそうだし(笑)
2006/09/03(日) 22:29:05 | URL | ギタ兄 #-[ 編集]
おっと!
言われてみればスタジオで使う時のことを
すっかり忘れてました。
確かに両方持っていくのはムダっぽいなぁ・・。

っていうか
さっさとドラマーが見つかればいいんですけどね・・。
2006/09/03(日) 23:07:08 | URL | shinya #EwbV5Bi.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bassshinya.blog25.fc2.com/tb.php/170-ab21a3a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
MIDIケーブル 50cm・・ MIDIケーブル自作。・ Yケーブル自作。・音楽[MIDI]・ MIDI Cable。・ MIDI Cableを。・ こら~!!! こら~!!! こら~!!!・ ファントム電源。・音楽[MIDI]・MIDI interface。 () MIDIケーブル自作。(you diary)MIDIケーブルも
2007/09/11(火) 10:27:14 | ケーブルをたくさん集めました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。