低音四弦的戯言
ベース弾きshinyaが繰り出す妄想・戯言・XXXX。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SOUND DESIGNER
先日勢いでデモ音源をレコった時使用したZOOMのMTR、
『MRS-8』もなかなかお手軽でバカにできない性能なのですが、
8トラックとは言えステレオチャンネルが2つあるので
正味6トラック分になってしまい、正式なレコーディングとなると
少し物足りない気がしてきました。

さらにミックスなどの細かい作業になると、小さな液晶より
パソコンの画面で直感的に操作できた方が便利です。

というワケでZOOMのマルチエフェクター『B2.1u』
付録でついてきたDTMソフト、『CubaseLE』に再び着目です。

このソフト、付録とは言え上位バージョンで実証された性能には
文句のつけようがないですし、バンドルされている製品も多いので
メンバーみんなで入手するのもそれほど大変ではないのですが

唯一かつ最大の問題は
ロクなマニュアルがないので使い方がわからない
ところです。

だいたいマルチエフェクターを購入するのは
ギタリストかベーシストなワケですから、
みんながみんなDTMに長けているとは限らないんですよね。

上位バージョンを使っていれば、マニュアルはいらないでしょうが
そんな人は付録ソフト使う必要ないですし。当たり前だ。

最低限、ギターやベースの録り方とレコの敷居が高い
ドラムの打ち込みができれば何とかなりそうなんですが・・。

と思っていろいろ調べていたところ、

救世主来たる!!
『SOUND DESINER』8月号様!!

特集1:ギター録音からドラムの打ち込みまで!
「Cubase LEの使い方」


完璧な趣旨です、この企画。
帰りの電車逆に向かって即ゲットしたのは言うまでもありません。

まだ読みながら研究中の段階ですが、
今までソレっぽい画面が出つつも一向に鳴らなかった
ドラムが一応打ち込めました。

そもそも『ギタリストのための宅録マガジン』と
銘打っているだけあってコアなDTM雑誌よりかなり読みやすいです。
まぁ"ベーシストのための"なんてモノはあきらめよう。

『はじめての宅録ルームの作り方』は散財助長の危険アリですが
ベースマガジンを抜いてかなりお気に入りの雑誌になりそうです。

できれば『Cubase LEの使い方』は別冊でも出してほしいところです。
出したらきっと売れますよ~。
出版関係の方要チェックですよ~。(誰に言ってる?)

ま、それはそれとして・・

レコのノウハウを持ったドラマーが加入してくれれば
問題の大部分は片付くんですけどね・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ドラム人口
そのものが少ないから
ドラム探しは大変ですな
さらに
肉体派も多いから
Recとかに興味ない人が多いような気がします
あきらめてRecの奥義を探求してみては?

ちなみに薀蓄も大事ですが
自分の好きなCDの音に近づけるための
耳が大事だと最近痛感してます

好きなCDの好きな1曲チョイスして
アレンジから
左右ギターの配置角度とか
色々妄想しながら聞くのをオススメします
ちなみにmp3プレイヤーだと
位相とか
もう
ねじれてねじれて
意味不明の音になってるように感じるので
(あくまで感じるだけかもしれませんが)
やはりCDウォークマンとか必須では?
やっぱりCDいーよー
2006/07/20(木) 02:55:20 | URL | 1000 #-[ 編集]
今更ながら…
 レコって、奥が深いんですねぇ…
軽いショックを受けてます。

 ただ、ペースはスローモーかも
知れませんが、オレッチもイッパシの
レコ技術・ノウハウは極めたいとは思
います。頑張りましょう。
 そのために捨てられるものは全部
捨てるぞ~(笑)
2006/07/20(木) 19:40:03 | URL | takemaru #-[ 編集]
>1000
考えてみれば今までのバンドでは
1000もDEADSTATIONのiwaoも
『ドラマー+その他の楽器+メイン作曲者+リーダー』
というすごく便利オイシイ人材だったんだよねぇ。

さすがに今からドラム始めるワケにもいかないので
打ち込みのワザを極める方向で挑戦してみます。
助言ヨロシク。

ちなみにちゃんと聴きたい音源は
20GBHDDの容量にモノ言わしてWAVのまま入れてます。
けど、よくできてる音源はmp3に潰しても
あんまりヘンな潰れ方しないような気がするなぁ。
これも気のせい??

>takemaruさん
音楽をやってると新境地に達するたびに
何かとショックを受けますね。
普通に市販のCDを聴いてる人たちは
当たり前にそのクオリティだと思ってますが
自分たちで音源を作ってみると
それがどれだけスゴイ技かを痛感します。

今回は今まで任せっきりだったミックス作業が
どれだけ地味で大変な作業か痛感しました。(笑
2006/07/21(金) 00:01:20 | URL | shinya #EwbV5Bi.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bassshinya.blog25.fc2.com/tb.php/158-bc3fea84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。