低音四弦的戯言
ベース弾きshinyaが繰り出す妄想・戯言・XXXX。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寅太郎侍脱退
この度、POWERPLANTのドラマー寅太郎侍が
バンドから脱退することになりました。

実はバンド内では前々から危惧されていたことでしたが
本人から正式な申し入れがあり、今後POWERPLANTは
当面3人での活動をすることになります。

脱退の大きな理由は「バンドに対する考え方の違い」です。
彼の求めるバンドとは、仕事や他の趣味、家庭での生活を
できるだけ犠牲にせずに自身が楽しむための趣味であり、
多少の犠牲を払ってでも何かを創り、人様に認めてもらいたい
と考える他の3人とは異なるスタンスでした。

3人がプラス、1人がマイナスを向いていた・・
と言ってしまえばそれまでですが、4人ともあくまでも
趣味としてバンド活動をしている以上、「どちらがプラス」
ではなく、見解の相違だというのが結論です。

例えて言うなら、3人は赤い家を作ろうと赤いペンキを
用意した。対して侍氏は青いペンキしか持っていない。
それを混ぜたら、ペンキの量は増えても思った色の家を
作ることはできない。だから今は別の家を作ろう・・
というのが近いところかと思います。

もっともPOWERPLANTは前身のEMERALD SWORD時代から
ここでいう"青い家"を作ることで結束していたバンドであり
そこに"赤い家"を作りたいオレが加入した形とも言えます。

CandySlyme解散後、何としてもバンドの形で
活動を再開したかったオレには仲間が必要でした。
その時は"青い家"でも"家(=バンド)"なら満足でした。
けどオレにはオレの信念があり、何とか"赤い家"の良さを
メンバーにわかってほしくていろいろな話をしました。

その結果として、2人には共感してもらうことができても
侍氏だけは自分の信念を曲げることはありませんでした。

結果論かも知れませんが、メンバー全員を説得することができず
元々の仲間同士の関係を断ち切る形になってしまったことは
本当に申し訳なく思っています。

正直、公開の迫ったウェブサイトから『寅太郎侍』の名を
削除する作業は辛いものがありました。

今思えば、メンバーの中で最初に知り合ったのは侍氏でした。
そのおかげで今オレはPOWERPLANTにいるんですね。

ですが、ここであれこれ考えるのはやめることにします。
冷たいようですが、考えるくらいなら前へ進みます。
侍氏の脱退宣言は、彼がバンドの停滞を望まなかったからこそ
だと信じていますので・・。


私信:寅太郎侍殿

今までお疲れ様でした。
またいつか音を重ねる日が来てもいいように腕を磨いておきます。
メンバーではなくても、良き理解者として今後もヨロシクです。
スポンサーサイト

テーマ:バンド - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
トキワ荘
 その青い家、多分バンドを始めた
ばかりのバンドマンが同居して、
あれこれ夢を語りながら暮らすアパー
トなんでしょうね(笑)

 それも確かに掛け替えのない楽しい
時間です。でもどんなに楽しくとも、私
はそれを続ける気はありません。

 大きな赤い家にどうしても住みたいか
らではなく、その楽しい生活から一歩前
へ踏み出さない限り、今やっていること
が無駄になってしまうような気がするか
らです。

 それも考え方の相違と言えばそれま
でですが。

2006/07/17(月) 23:12:14 | URL | takemaru #EVqdFVXg[ 編集]
もしも
これがプロとしての活動だとしたら
必要ならば黄色だろうが緑だろうが、
選択の余地なしにやらなくてはいけないでしょうね。

逆にアマチュアとして趣味で続ける以上、
本当にやりたいこと、目指すものを妥協する必要はない
と思っています。

今回の選択はそれぞれが妥協なしに選んだ道ですから
お互いに自信を持って進んでいきたいですね。
2006/07/18(火) 01:24:39 | URL | shinya #EwbV5Bi.[ 編集]
シャア専用?クワトロ専用!?
ESはグフ(青)でした。
常にジオン(バンド)の中の1兵として
働いていれば良い状態です。
でも今後はシャア専用(赤)として、
時に「時代(バンド)を動かし」、
時に「演説(ライブ)を行い」、
時に「道化(web)を演じて」いく
義務があります。
シャアというよりは「クワトロ」です。
次のステップ「ジオン→エゥーゴ」です。
という事は「金色(の曲)」も考える
柔軟性も必要なのかもしれませんネ。
(最後の部分は意味不明・・・)
2006/07/18(火) 09:23:18 | URL | ギタ兄 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/07/18(火) 13:03:48 | | #[ 編集]
毎度ながら
得意の路線でキましたね。(笑

けど、「百年経っても色褪せない金色の曲」
というのができたらそれはそれで素晴らしいですネ。
2006/07/18(火) 22:47:55 | URL | shinya #EwbV5Bi.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bassshinya.blog25.fc2.com/tb.php/157-7cea4b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。