低音四弦的戯言
ベース弾きshinyaが繰り出す妄想・戯言・XXXX。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
敵と書いて敵と読む
今日は元CandySlymeのドラマー兼リーダーであり、
音楽的な盟友の1000くんと昼にうどんを啜ってきました。

会うのはCandySlyme解散の時、
うどんを啜りながら話をして以来なので
かれこれ2ヶ月ぶりくらいです。

これといった用事があったワケではないので
昔話やら近況報告やら。

かつては同じステージで暴れた仲間も
かたや月5本ペースでのライブに身を削り、
かたやコピバンで気楽に音楽を楽しみ・・。

ある意味大きなプレッシャーから開放された安堵感と
ライバルががんばる姿への焦りや憧れの混じった
複雑な心境でした。

ともかくオレ様を踏み台にして作ったバンドなら
簡単に潰れてもらっちゃ困ります。
がんばってくれたまぃ。超上から視点。

そんなこんなで、がんばっている1000くんトコのバンド、
めでたくCDができたそうなので、缶コーヒー1本
超お友達価格で頂いてきました。

1000のCD

どーん。ジャケ恐っ

検索エンジンに引っかかって
1000様ファンに暗殺されると困るので
バンド名はあえて書きませんが、
写真で露骨にわかると思うので興味のある方は
公式サイトで試聴などしてみてくださいな。
(このブログからもリンク2つ分で行けます。)
1000、宣伝したぞ。なんかくれ。

録音環境などはCandySlymeの時と変わっていないそうですが
全体を通してやたらと曲が重い・・。
1曲目からツカみとかコビのようなモノを
全く感じさせないあたり漢ヴィジュアル(勝手に命名)です。

CandySlyme時代からダウンチューニングの好きな1000と
基本的にやりたくないオレの意見がよくぶつかっていましたが
(ただでさえ低いベースの音をこれ以上下げたくないモン。笑)
ここまでしっかり確立した音楽性を持っていると
シャクだけどカッコイイです。なんかくれ。

ピックのエッジを立てて、かなり強めのピッキングという
まるで1000が弾いたようなベースの音に
レコーディングマジックを感じたりもしますが(毒放出
なかなか完成度の高い1枚ができたみたいですね。

これを読んでCDに興味が沸いた方、

ぜひCandySlymeのCDといっしょに
お買い求めくださいマセ。

まだ在庫いっぱいアリマス。
スポンサーサイト

テーマ:バンド - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
「強敵」と書いて「とも」と読む
 いいですな、そういう関係。私なんかESの前に組んだバンドの相棒(自分的には“ミック&キース”か“レノン&マッカートニー”に匹敵するパートナーと思ってました・笑)とは最悪の別れ方しましたからね(悲)理由は…語るべき時が来たら、ということで。
2006/03/14(火) 20:41:35 | URL | 武魔瑠 #-[ 編集]
はじめは
『昔の友は今も友』というタイトルにしようかと思ったのですが、
そんなに照れくさい関係でもないので
ライバル意識丸出しな感じに変えてみました。(笑
決してミスったワケじゃないです。

不本意な形で決別してしまった人とのコトは
それが必然だったのか、何か他の道があったのか
答えが永遠にわからないだけに気になりますよね。

まぁそんなことで悩まなくていいように
末永くヨロシクです。(笑
2006/03/14(火) 23:46:47 | URL | shinya #EwbV5Bi.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bassshinya.blog25.fc2.com/tb.php/111-5fcc71fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。