低音四弦的戯言
ベース弾きshinyaが繰り出す妄想・戯言・XXXX。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本番・・その後
今回のネタももう終わりにしようかと思いましたが
気が向いたので、その後も書いてみます。

出番が終わってステージの幕が下りた後・・
当然次のバンドへの転換があるので、ソソクサと
機材をまとめてハケようとしていると
次のバンドのベーシスト様(偉いヒト)が

「オレの音出るようにしてってネ♪」って。

あの・・音作りとかは・・?

「オマエのイイようにやって♪♪」

うーん。いい加減なのか、懐が広いのか・・。

そんなこんなで、ゴタゴタしてたら
自分の機材はステージに置きっ放しになりました。(笑

ようやくお仕事(?)が終わって客席へ。

上司「すごいよかったよ!好きなコトやってる時は違うネ!」
(直訳)仕事もそのくらいやりなさい。
新人の女のコ「なんか別人みたいにカッコよかったです~」
(直訳)普段は別にカッコよくないけど。

別にイイんだいっ。

そのまま後輩が持ってきてくれたビールをいただきつつ
残り2バンドを鑑賞して、めでたくお開きに。

全体で軽く打ち上げ(つってもまだ飲み屋開いてない(笑)をした後、
改めてメンバー+αでちゃんと打ち上げをすることになりました。

会場はシンセ弾きエナちゃんのおウチ。
彼女のお母さんがお店をやってたりします。

参加したのは、メンバー6人+対バンのギタリスト1人と
ソメさん、ヨッシーさんのお友達ギタリスト1人の計8人。
エナちゃんは半分店員さんだったけど。(笑

オレを入れて8人中4人が弦楽器奏者なので
どうしてもアツくなるのはそういう話題なワケですが

最大の論文テーマは
「弦楽器における手指長と演奏速度の相対性理論」

要するに指長いほうが速弾き有利じゃない?ってコト。(笑

ところが、速くて正確がウリのヨッシーさんってば
でたらめなくらい指短いんですよ。

誰かがボソッともらした「クリームパンの手」がツボに入った
エナちゃん笑いっぱなし。(笑

スタジオだけ見てるとすごくマジメで演奏もうまい
おとなしいコって印象だったけど、超笑い上戸らしい。

しかも「ソメさんカッコいい!」を連発。
朝から職質されるヒトだけど・・

そんな感じで楽しく失敗も酒で流して帰路に着きました。

多分、このバンドは継続して活動していくことはないでしょうが
ぜひまた何かの機会にやってみたいと思えるメンバーでした。

みんな、ありがとぅっ!!!
スポンサーサイト

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽

そして、本番
ライブ終わったら気が抜けたのか、カゼひいてグダグダです。
うー。気を取り直して本番記事いきます。

3/31 PM0:00。定刻通りに開演です。
10分くらい前、ソデに入るときにはボチボチな客入りでしたが
幕が空いたら急にお客さん増えてました。。(汗

偉いヒトからのトップダウンとは言え
毎度このイベントはビックリするくらい集まっちゃいます。
しかも、客席には上司、同僚、後輩と、やりづらいコト
この上ない。(笑

オープニングは陰陽座コピーの鉄板SE『焔之鳥』から。
そのまま続けるのも芸がナイってコトで
ちょっとEmでかき回してからお約束の『鳳翼天翔』でスタート。

CrashD'Live1

多分、人前で演奏するのって5年振りくらいだけど
緊張感のなさが我ながらステキです。(笑

そのまま曲間を空けずに勢いで『甲賀忍法帖』へ突入。
このヘンはまぁ順調だった・・かな?

ここから男Voの出番ということでMCカミまくりながら
マサくん登場。

CrashD'Live2

『組曲「義経」~悪忌判官』から『蒼き独眼』へ。

若干、集中力が切れてきました。
ヨレたリズムに合わせ切れずにメンバー同士、目を合わせて
苦笑する場面多数。(笑

ここでナゼかレベッカの『フレンズ』

オレとヨッシーさん2人ユニット状態の時点で
「女Voだったら○○もいいよねー。」
「××なんかもありかなー。」
という妄想&戯言の案で生まれ
陰陽座コピバンに鞍替えしても最後まで生き残った
強いヤツです。

まぁお客さんはコレが一番聴きやすかったに違いない。(笑

そのままシンセタイム継続ってコトで、
また陰陽座に戻り『相剋』『慟哭』
ここ最大のトラブルです。(笑

『相剋』のサビ前って1回目だけ1小節長いんですが、
完全に忘れたと思しき、ドラムソメさん。

あり得んタイミングでフィルイン。(笑

以下、ヨッシーさんと目が合った瞬間の心の会話

shinya「うっわ。絶対1小節飛んでますよ。」
ヨッシー「オレらだけ合っててもカッコよくないね。」
shinya「ドラムに合わせちゃいます?」
ヨッシー「絶対歌入れないけどね。(笑」
shinya「チサトちゃん、ごめー。」

以上、0.2秒・・みたいな。

さらに続く『慟哭』はオレの構成成分にほぼ含まれない
こってりバラードです。
7曲目にして初めて緊張しました。(笑

ラストは定番のお祭りソングをバッサリ裏切り
『彷徨える』で締め。

全体として、思ってたレベルには大分届かなかったけど
出会って1ヶ月ちょいのメンバーでリハ5回のライブなら
こんなモノかも知れないですね。

楽しかったので、学芸会としては上出来・・かな。

CrashD'Live3

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽

ライブ当日
3/31にclubEdge六本木にてライブをやってきました。

ホントは中止になったとかベース折れたとか
書こうと思ってましたが、気付いたら
エイプリルフールが終わってた
のでヤメます。

ライブと言えば普通は夜なんですが
会社の学芸会みたいなモノなので
お客さんも会社の上司や同僚がいっぱいで
平均年齢も決して低くはないので慣例的に
昼間にやることになってます。
そして、グダグタでも許されマス。

というワケで、メンバーの入りはAM9:30。

出社するのと大差ないわ!
前の日ちょっとワクワクして寝れなかったのはナイショ。

上下関係最弱のウチのバンドはトップ出なので逆リハだと最後。
客席で他のバンドのリハを眺めつつ、チューニングとか指慣らし
なんかをしてたんですが・・。

コンビニ行ったソメさん、職務質問食らったらしい。(爆

ちなみに、ココは四月バカではないです。

カッコがロックすぎです。
午前中の六本木に全身黒ずくめのグラサン男がいたら
放っておいたオマワリさんの方が怠慢ですよ。(笑

そんなこんなでやっとリハの出番。

1コーラスくらいずつ何曲か流して音作りをしつつ
ワイヤレスの恩恵を活かして客席の出音も確認。

ベースが小せぇよ!
とか言わないのが会社ライブの暗黙の掟です。

そして特に問題もなく、リハ終了。

問題なのは、文章の量に対して、
全然内容が進んでないコト。(笑
なぜなら脱線しすぎ。

一旦仕切り直しマス。次回へ続く。。

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。