低音四弦的戯言
ベース弾きshinyaが繰り出す妄想・戯言・XXXX。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新曲充填率90%
先週末はPOWERPLANTの新曲『FINAL JUDGEMENT』
のレコーディングでした。

先日ギタ兄とやった連動テストで仮に録った音源もこの曲で、
実はいいかげんながらベースも重ねておいたのですが
曲の途中でテンポチェンジを入れることになり、
打ち込みドラムから録り直すことになりました。

早い話が今までの全部ボツです。(ぐはっ

まぁやるからにはチャッチャとやりましょうということで
ギタ兄リズムマシンの脳ミソを乗っ取るべく
MRS-8でテンポ情報のみを入れた空のソングを作成。
サクっとドラムを取り込んだところでいよいよレコ開始です。

まずはtakemaruのギターパートから。

takemaru、愛器キャパリソンを抱えてスタンバイ。
shinya、MTRを膝に乗せてスタンバイ。
ギタ兄、タバコをくわえてスタンバイ。(殴

さて、ここからtakeさん大ハマリ。
いつもはまちがいようがないくらい当たり前に弾けるモノが
一度ハマるとなぜか抜け出せないんですよね。

「あー、今のはもう一回やっときましょお。」(ぶちっ)
「惜しい。」(ぶちっ)
「・・ふっ。」(ぶちっ)

加速的に勢力を増していくオレの中の暗黒shinya
シビアに録音停止ボタンを叩いていきます。

たまに「ん?今のどうだろ??」と迷った時に限って
子猫のような上目遣いでこっちを見るtakeさん。

「にやり。」(ぶちっ。)

でも、一番苦労してOKテイクを出した部分をオレのミスで
上書きしてしまったあと、少しだけ白shinyaが復活したのは
内緒です。

続いてギタ兄パート。

あんまりネタにならないので省略。

本人曰く、「takeのデコピン3発くらって完了」だそうです。
オレの妄想ネタのせいでデコピンキャラになってしまった
takemaruが実はデコピンヘタクソなのはここだけの話です。

続いてカラオケ屋に移動してヴォーカル録り。
スタジオ行けよ。

どちらかというとメロ重視の1作目『Holy Blade』とは
うって変わって、今回は泥臭い漢メタルです。

Aメロ:ディストーションをかけた歪み声
Bメロ:デス声
サビ:普通のヴォーカル

という3種類の声を録ることになりました。

3人バンドで3種類の声。ふふふ。

Aメロ:ギタ兄!
Bメロ:takemaru!!

そしてサビ!!

やっぱりギタ兄。

オレは絶対歌わないって。
しかも英語読めねェ。

そんなこんなで終電を逃しつつ無事にレコ終了。

・・じゃねぇよ!ベース録ってないって。(笑

というか、ゴリゴリのギター2本だけならまだしも
「♪ウゴアァ~オレハァ~ジャイア~ン♪ボエェ♪」(嘘
なヴォーカルのせいで低音域にベース入れる隙間がない。(笑

ともかく全体の90%完了状態で残り10%(ベース録り3%、ミックス7%)
は完全に「shinya待ち状態」なのでメンバーの圧力に耐えながら
完成を急ぐことにします。がんばれshinyaデレラ。

っていうかこんな長文書いてるヒマあんのか??
スポンサーサイト

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽

MRS-8 内蔵エフェクター
今日は
「宅リハ」→
「デモ音源レコ」→
「白熱して時間オシまくり」→
「終電逃した2人を送って家までドライブ」
「たった今帰宅」
という、なかなかドラマティックな一日だったのですが
それはまたの機会に譲って予告通り前回の続きです。

で?なんだっけ?そうそう。
ギタ兄を手込めに・・じゃなくて
リズムマシンの音をMTRに突っ込むことに成功したんでした。

そうすると当然のように何か重ねてみたくなるワケで。
小節数の確認がてら、オレの練習用トラックということで
ギタ兄のギターをテキトーに録ってみることにしました。

音作りに関しては、メンバーしか聴かない音源だし
って言いながらこの前は公開したけどね。
ギター自体もオレのグレコレスポールを使っていたので
あんまり拘らずにMRS-8内蔵のエフェクターでいいか・・と。

正直なところ、
ただでさえ安いMTRに内蔵されているエフェクターなんて
オマケ以下だと思っていたので使おうと思ったことも
あまりなかったんですが、コレマタなかなかどうして・・。

決してこだわれるような音が出るわけではないんですが、
それなり無難にまとまった音にはなってます。
考えようによれば使いこなせない人が使った高級マルチより
結果的にいい音かも知れません。

例えて言うなら"最近のカップラーメン"の味に近いかと。
なんだかんだ誰が食べてもそれなりにおいしいと思える味
だったりしますよね。カップめんって。
当然ちゃんとした店でこの味が出てきたらガッカリですが、
オレみたいにまったく料理ができない人は
高級食材なんか渡されるより、カップめんとお湯の方が
よっぽどおいしいラーメンが作れます。(笑
例えになってないって言うな。

逆に決定的に使いづらいところもあります。
接続や設定がパッと見では全然わかりません。

エフェクターを入れる位置も
・インプット直後
・各トラック直後
・マスター直前
から選択できますが、物理的に線がつながっているワケでなく
画面表示とボタンが点灯しているくらいなので
ちゃんと確認しておかないといろいろやらかしマス。

○今回の失敗 其の壱
リズムマシンからドラムを録音する時、
いつの間にかギター用のディストーションがかかってた

既に読んでくれてると思いますが
ギタ兄の記事でいうところの
「ズキューン!バキューン!ガギューン!」がソレです。(笑

何の役にも立たなそうなすごくカッコイイ音が録れました。
もちろん即削除ですが。

○今回の失敗 其の弐
レコったギターが生音だった

インプットの後にエフェクトを入れて掛け録りしてたつもりが
トラックの後になっていたみたいです。
どっちでもモニターに出る音は変わらないのでレコってる時には
全然気付きませんでした。

♪ジャジャジャ~ン♪のハズが♪ぺぺぺーん♪って。(笑


そんなこんなでハマリにハマった仮音源をすべて無に返して
イチから全部再レコすることになったのはまた別のお話・・。
最近メンバー全員この終わり方多いな・・。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

MRS-8 + MRT-3
最近ブログの更新頻度が危機的な状態なので
記事の時間軸がメチャクチャなんですが
さかのぼること5日間、前回書いたライブの日の
昼間まで戻りまして・・。

ギタ兄の所有するリズムマシン『MRT-3』と
ウチのMTR『MRS-8』の連動をテストしてみました。

ちなみに参加予定だったtakemaruからは
当日早朝5:40(オレが寝付いた直後とも言う。)
に次のような一通のメールがありまして。

ライブから合流します。
待ち合わせ場所、時間指示願います。

文面からきっとこれはバンド活動でアリバイ工作をし
某秘密結社の黒幕をデコピンで暗殺しに行った
に違いありませんが、未確認です。

当日の流れはめんどくさいのでギタ兄の記事をどうぞ。
そしてちゃんと戻ってきてください。
かなりウソくさいですが、ほぼホントなので余計困ります。

では、ちょっとまともに連動について。

オレの使っているMRS-8というMTRは8トラックのレコーダーに
ベースとドラムを打ち込めるリズムマシン機能もついていますが、
これの下位機種(旧機種?)の『MRS-4』は4トラックのレコーダー
のみなので、これとセットで使うことを前提として設計された
リズムマシン単体の機種がギタ兄所有のMRT-3という位置付けです。

こういうとMRS-4+MRT-3=MRS-8のイメージですが
さすがに単体売りしているだけあってタイコの数や音では
ギタ兄ドラムの方が優れているみたいですし、なにより
あるモノは使わなきゃソンということで、これから先は
レコはMRS-8、打ち込みはMRT-3でやることにしました。

ちなみにドラマーがいない以上、ドラム打ち込みは必須ですが
ベースを打ち込むようになったらベーシストとしては切腹モノなので
ベース打ち込みは後にも先にも使う気はないです。(笑

ここで問題になるのがMTRとリズムマシンの同期。

MTRの小節にリズムが合わないといろいろマズイので
2つを同じタイミングで動かす必要があるワケです。
MRS-4でできるんだからMRS-8でできないことはないハズですが・・。

MIDIですよ、MIDI。

ギタリスト&ベーシストがドン引きする魔法の言葉。MIDI
いやー、全然わかりません。MIDI

まぁどっちも同じZOOMの製品だからMIDIケーブルつなげば
動いちゃったりするんじゃないの?と甘く考えていたんですが

世の中そんなに甘かった。

いきなり動きました。(笑

もうね、ギタ兄が何しようとオレの手元で何でもできちゃう。
スタート、ストップはもちろん、テンポもリアルタイムで
ぐるんぐるん動いちゃいます。

ギタ兄の脳ミソを乗っ取った支配感に酔いしれたところで
長くなったので、この日のお話は次回へ続く・・。

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

十神という名の亡霊
CandySlyme時代のバンドメンバー、1000とTomoの所属する
『十神』が初のワンマンライブということでPOWERPLANTのメンバー
を強制連行して浦和くんだりまで遠征して来ました。

実は十神のライブに行くのは初だったりします。
なんだかんだ十神は1年以上の活動があり、
ライブの本数も60本くらいになっているので、
かつての戦友に対してずいぶんドライな話ではありますが
オレの中でもいろいろくすぶっているものがあり・・。

はじめに断っておくと
バンド解散後も1000とは何も変わらない親交があり
わだかまりのようなものはまったくありませんが、
それはそれとしてCandySlyme解散の理由の中で
十神の存在そのものがかなり大きい比率を占めていた
と思っています。

本人が読むのを承知に上で正直言えば、
この世で一番気になる、一番嫌いなバンドでした。

けど、オレもグダグダと恨み言を言いながらくすぶることの
無意味さがわからないほどのお子様ではないので
あえて解散の道を選び、いろいろな縁もあって
今、POWERPLANTという新しい居場所を見つけることができました。
そして、少しずつ活動の方向性が見えてきた今、あの時の選択が
まちがっていなかったという確認をしたい気持ちが生まれ、
彼らの活動を見てみようという気になったわけです。

早い話がオレ様を踏み台にした以上、
ちゃんとやっててくれなきゃ困るゾと。

実際ナルシスに行き、2時間に及ぶライブを観てきましたが
ステージの組み立てやら演奏技術やらというのは
見た人の主観なのであえて言及しないことにします。
けど、無料とはいえキャパ200はありそうなハコを埋めるまでの
経緯と苦労を考えたらさすがに毒吐く気力もなくなりました。

手法や目的がオレの目指すものと必ずしも同じではないものの
目標に対する達成度では残念ながら勝負にならないですね。

実はそれ以前に開演前の電話で1000は
「一切ダメ出しのできないライブをやってやる」
と言い切っていました。

おそらくオレがそれを「自信の表れ」と受け取らないことは
百も承知だったと思います。
そんなライブはプロだってできるはずがないことは
自分が一番よくわかっていたでしょうから。

それが自分へのプレッシャーであり、挑戦であり
それを読むことを読み返しての宣言・・。
思えばこの腹の探り合いが1000との一番の楽しみ方な気がします。

さぁて。
POWERPLANTも平均年齢以外に勝てるところを作らんとなぁ・・。

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽

宅リハ準備の準備
明日は久々にバンド活動以外でメンバーとお出かけです。
いや、完全にバンド活動でないとは言い切れないんですが
まぁそれは別の記事にするとして・・。

どうせ集まるならということで、来週末予定している
自宅リハに向けて、ギタ兄のリズムマシンと
オレのMRS-8の連動テストをしてみることになりました。
結局バンド活動するんじゃん。

その後出かけることを考えると、荷物を多くしたくないので
今回ギタリスト2人にはウチのギターを使ってもらうことに
したんですが、最近はあんまりギターを弾かないので
常に弦がサビてたりしてまして・・。

というワケでこれから久々のギターメンテです。

ギターやベースたち。

さて。どれにしよう?
今使える状態にあるギターは3本。

○YAMAHAの木目ギター
以前1000からタダ同然で譲ってもらったモノ。
音はともかく重さ、形状ともに一番お手軽で
あんまり拘らずに弾くには最適なんですが、
素性不明で特に何の手も加えていない上
実戦経験もないので愛着がイマイチ。

○GRECOレスポール
ギターを始めたころから使っているかなり愛着のあるギター。
決して高価なモノではないけど、かなり手を入れていて
純正のパーツの方が少ないくらいです。
ちょっと重いのとフレットの減りなど経年劣化が問題。

○CharvelランディV
ピックアップも歪みに特化したモノに換えているので
ネックの薄さや24フレット仕様なコトも含めて一番メタル向き。
けど家で座って弾くのは論外だろうなぁ・・。(笑

ど・れ・に・し・よ・う・か・な・か・み・さ・(以下略

まぁいい機会なので3本まとめてやってしまおうと思います。

しっかしギターの弦って細くて切れそうだなぁ・・。
↑つい数年前まで「ベース弦って太くて疲れる」
と言っていたヤツのセリフ。

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

バンドマン的夏休み
世間の波に乗ってお盆休みをとり、実家に帰省してきました。

ウチの職場は仕事の性質上、
夏休みは期間中ならほぼ自分の都合で決められるので
わざわざドコへ行っても混んでいるこんな時期にとる必要は
まったくないんですが、じーちゃんに線香の1本もあげようというか、
両親のお盆くらい帰って来い的なオーラに負けたというか、
国家の陰謀に嵌められたというか。(ウソ

そんな背景はどうでもいいんですが、
ともかく何かをするためでなく休む以上、とにかく休もうと。

余談ですが、オレはあんまり仕事人間ではないので
会社の門を一歩出たら仕事のことは考えません。

仕事は食いブチのためとしか考えていないので
そこでの評価だけではいちいち満足してられません。
逆に食いブチが得られないのはマズイので、やることはやって
余力は好きなことに使うというのが理想ですね。

なので、プライベートでまで仕事の話をして楽しむような
無趣味な方々はホント理解に苦しみます。

あれ?なんか話がそれました。修正。

そんなワケで、"仕事から解放される"というのは
あんまり休みを満喫する要素には入らないんですが
実家に帰るときはホンの身の回りの物しか持っていかないので
必然的にバンド活動から強制開放されてしまいます。

あるのは実家から出る時に置いていった弦の切れたギター数本と
音楽ツールなんか何も入っていない親父のパソコンくらいなので
何かしようと思ってもどうにもならないワケで。

仕事の圧力は職場から離れればほとんど感じなくても、
バンド活動への圧力は自分が発しているので
自由な時間と環境があったらなかなか頭から離れてくれません。

好きでやっていることとは言え、
たまに開放されると妙に新鮮な感じがするもんですね。

寝巻きTO寝巻きな生活を終えて、
また明日からいろんな意味でがんばろうと思いまふ。

親父のパソコンでもブログ書けるのは気付かなかったコトに・・。

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

落書き?曲作り?
何日か前に朝のテレビにBonniePinkという
アーティストが出てました。

名前は聞いたことがあったけど、
素で外国人だと思ってたくらいなので
曲などはまったく聴いたこともなく
通勤の支度をしながらキレイな姉さんだなー
くらいに見てただけなんですが、
インタビューの中で作曲法についてのコメントが
ちょっと気になりました。

彼女はあまりギターのコードなどがわからないので
フレット上の押さえる場所を独自の書き方でメモするだけ。
そうすると1曲が小さなメモ帳1ページで収まってしまう
というようなことを言ってました。

へぇ~。
へぇ~。
へぇ~。

普通じゃん。

まぁそこでインタビュアーが意外そうな反応をするのは
テレビ的な事情もあるんでしょうけどね。

オレ式楽譜なんてこんな↓です。うわ。なんかのシミついてる。。
曲メモ

ギタ兄にちょっとゆっくり気味に弾いてもらったのを
自分がわかればOKな程度に殴り書きメモしただけですが、
おそらく1ヶ月もしたらこれもどこかになくすでしょう。(笑

そのギタ兄も先日次の曲のドラム打ち込みの相談と称して
オレの前で広げた紙は完全な暗号表でした。
(ちゃんとEXCELで作ってある分、オレよりは几帳面ですが。)

そもそも曲のメモ自体脳ミソにしか書いてない人もいっぱいなので
書いてあるだけマシだと思ってるんですけどね。

さ、紙なくさないうちに練習練習・・っと。

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

ドラムという名の悪魔
最近音楽を聴く時、何となく以前よりも
ドラムパートを意識するようになりました。

理由は何のことはなく、自分でドラムパートを作る
(作らなければいけない)機会が増えたからです。

ご存知の方もいるかと思いますが、諸々の事情により
ウチのバンドPOWERPLANTは現在G&Vo、G、Bの3人で活動中で、
ドラムトラックも3人のうち誰かが作らなくてはいけないワケです。
(1作目のデモはオレ作、次回からギタ兄が作ってくれる予定。)

幸い最近は手頃な値段でそれなりの打ち込み機材が買えるので
設備的にはあまり問題はないのですが、何が問題かって

3人ともホンモノのドラムを叩けないコト。

オレ以外の2人が実際叩いているところは見たことがないので
どれくらい叩けないのか(日本語ヘン?)わかりませんが、
オレは本気で叩けません。

バスドラ、スネア、ハイハットの3点限定にしてもがんばって2つまで。
全神経を集中して小宇宙を燃焼してもだんだん左足の気が抜けて
閉じていたハイハットがいつの間にかフルオープンです。

ちっちっちっちーちーちゃっちゃっしゃんしゃんしゃんみたいな。

ヴォーカル、ギター、ベースなら多少の技術の差はあれ
どうにかメンバー間の交代も可能だと思いますが
ドラムだけはどうにもこうにも・・。

そんな3人がダメ出ししながら作ってるんですから
リアリティもヘッタクレもあったもんじゃないですね。

どうやら今サイトにアップしてある『HOLYBLADE』のドラムも
人力では物理的に不可能なパターンがあるみたいです。(汗

そんなPOWERPLANTにちょっとだけ希望の光が見えるような
気がしなくもなくなくなくなくない出来事があったのですが
それはまた別のお話・・。
ギタ兄のネタパクっちゃった・・。

テーマ:ドラマー - ジャンル:音楽

炎を背負ったベーシスト
今日は海に行って来ました。

この季節には何も珍しくない普通の行事ですが
オレにとってはかなり珍しいコトだったりします。
子供の頃、親に連れられて行ったのを除いたら
海水浴って2、3回しか行ったことがありません。

水のある景色というのは見るだけならワリと好きですが
水遊び自体があまり好きではなく、
そもそも人混みがとっても苦手です。
混んでた方がいいのは自分のライブくらいです。

どうでもいいですが、以前先輩との会話で
先輩「オマエ、海とか行くの?」
shinya「行きません」
先輩「バンドマンだもんなぁ」
shinya「・・・」
というのがありました。

どういう了見ですか?

さておき、そんな状態から行きがかり上
突然の海水浴に行くことになったワケですが・・。

結論:背中が痛い。
そして砂遊びに没頭して水着ギャル見るの忘れた。

痛いっていうか火照るっていうかほぼ燃えてます。
どうせならちょっと日焼けしてみようと思ったのが失敗です。
子供の頃、日焼け止めもサンオイルも使わずに素焼きして
風呂で親父にお湯をかけられた時のダメージを思い出しました。
成長してないって言うな。

これから布団に背中つけるのが本気で怖いです。
起きたら椅子に座ったまま顔に弦の跡が4本ついていた時
の方がまだ快適な気がします。

POWERPLANT LOGO

いつもより後ろの炎が大きく見えるのは気のせいでしょうか・・。

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

ギガバイトな魂
お久しぶりの更新です。
POWERPLANT WEBSITEの立ち上げ完了後、
精魂尽き果てて廃人になっておりました。
takemaruさんにカツカレーおごってもらって復活です。

さておき・・
サイトで公開中の『HOLY BLADE』という曲のデモ音源も含め
最近のレコではZOOMの『MRS-8』というMTRを使っています。
このMTRの記憶媒体は携帯などでもおなじみのSDカードなんですが
こんなちっこくて薄いイタにPOWERPLANT魂の叫び(メタル風?)
が丸々収められてしまうなんてスゴイ時代ですね。

とは言え、MRS-8を買った時についてきた128MBのカードなので
約5分半のHOLY BLADEを8トラック+マスター2トラックで使うには
かなりギリギリの容量です。

具体的には・・
CDのクオリティだと44.1kHz、16bitで
44100分の1秒につき、16bit(=2B)を使うので
1秒間で44100 * 2 = 88200(B)、
5分半=330秒だと29106000(B)、
それが8+2トラックで291060000(B)=277.576446533203125(MB)、
ZOOM独自の技術で約半分に圧縮されて、
全トラック丸々使ってない分を差っぴくと・・


・・・・・
・・・・
・・・
・・


POWERPLANTの魂はけっこう熱いってことです。
↑途中でわかんなくなったらしい。

で、前々からカードの容量アップも考えてはいたんですが
どうせならMRS-8の仕様上の上限の1GBカードがほしいし、
PCへの転送を考えると高速タイプを選択したいところです。
名の通ったメーカーの製品だと7~8000円が相場のようで
3万円以下で買ったMTRへの投資としては微妙な値段です。

が!
ついに来ました。新製品。
アドテックの『AD-SDH』というシリーズは
20MB/sの高速タイプで1GBが4000円台で購入できました。
おまけに防水だったりするみたいです。
レコ中にビール飲んでるメンバーにも安心。
MRS-8でもしっかり動作するのでオススメですよ。
メーカーさんから何ももらってませんが。

どうやら最近、フラッシュメモリの中ではSDのシェアが
どんどん上がっているみたいですね。
これから安い製品がいろいろ出てきそうな気もしますが
これもケータイ文化の影響なんでしょうね。

電車に乗った瞬間に電話とニラメッコを始めるアレな方々には
少しヒキ気味なんですが、恩恵だけありがたく頂戴します。

さ、
入れ物が用意できたので次回作に向けてベース練習しよかな。

1週間ぶりに。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。