低音四弦的戯言
ベース弾きshinyaが繰り出す妄想・戯言・XXXX。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンドマンの週末
今週末は一ヶ月ぶりのスタジオリハです。

ライブならともかく、バンドマンにとって
リハごとき当たり前の日常のハズですが
こういうペースに慣れてしまうと
それごときのことが妙に新鮮で楽しみだったりするから
不思議です。

ってワケで週末はブログも書かずにひたすら練習。
月曜も有給をとってひたすら練習。
寝る間も惜しんでひらすら練習。

なんてことはまったくなく。

身内の祝い事のため帰省しておりました。

ええ。

土曜から月曜まで1秒もベースに触れてません。
ひぇぇ。

きっとメンバーがガリガリ練習しているであろう時間、
実弟を助手席に乗せて、壮絶な兄弟ゲンカの曲
組曲「義経」を聴きながらドライブしてました。

メンバーのみなさんごめんなさい。
ここからちゃんと帳尻合わせして出向きます。

読んでくれたみなさんごめんなさい。

ネタ切れなのにムリヤリ書きました。(白状
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

電気用品安全法
政治・経済関連の話題というのは争論になりやすいし、
それについて語れるほど精通していないつーか興味ない
のであまり触れないようにしていますが、
ちょっと避けて通れない法案が出てきたので
あえて地雷を踏んでみようと思います。

プロ・アマを含め楽器をやっている人の間では
かなり激論を巻き起こしている『電気用品安全法』です。

詳細な内容は経済産業省のサイトに掲載されています。
公開する義務のために掲載したけど、
ホントは読んでほしくないんじゃないか?

思うくらい読む気をなくしてくれるページなので
みなさん開いた瞬間閉じたくなったと思いますが。
いきなりケンカ腰だのぅ・・。

平ったく言えば、2001年以前に作られた電気製品、
それ以後でも『PSEマーク』のない電気製品は
中古も含めて一切販売しちゃダメだってコトです。

音楽関連では、いわゆる『ヴィンテージ物』は
かなりの高確率で対象になります。

驚いたことにこの法案は2001年に可決していて
今年3月に猶予期間が終了するという話らしいです。
その手の話に疎いオレが知らなかったのはともかく
この時期になって知ったという人もかなり多いようです。

長い年月をかけて地下道を掘り進んだスパイが
いきなり家の床下から現れて爆弾炸裂させた感じです。


せめてもの救いと言えば、対象は電源トランスを内蔵したモノ
に限定されているので、電池駆動やACアダプタ別体の
エフェクターなんかはセーフってトコですが。
(ちなみにACアダプタは2年後に規制されるので
専用アダプタを使っているモノはそこで終了です。)

ここからは個人的な意見ですが(はじめからか?)、
一般的な"実用品"としての電気製品というのは
『新しいもの=いいモノ』になることも多いです。
だいたいは新しい方が多機能で安価だったりします。

が、楽器などの"嗜好品"に関して言えば、
まったく当てはまりません。
良し悪しは"好み"だからです。
鮮明な音が好きな人もいれば、
古めかしい音が好きな人もいます。

現代の工法では作り得ないモノもあります。
バイオリンなんかエライ古いモノが
何億で取引されていてもおかしくないのと同じです。

個人的にはヴィンテージ物に特にこだわりはありませんが
そういう嗜好、もっと言えば"文化"があることを
考えもせずに"電気用品"と一括りにする国の思想に呆れます。

明らかに『得をする側』と『被害を受ける側』が分かれるあたり
とっても黒い香りが漂ってますね。

とグダグダ吠えてるだけじゃ何も変わらないので
坂本龍一氏などが中心になっている署名活動
に乗ってみることにします。

これを読んで賛同してくれる人がいたらぜひご一緒に。
ひとりでもいてくれたらブロガー冥利に尽きるってものです。

あ。今日はオチとかないんで。

テーマ:電化製品安全法反対運動!! - ジャンル:音楽

身も心も美しく。
オレの相棒、バッカスくんとの付き合いも
そろそろ2年になります。

よくよく見ると白いボディも少し黄ばんできたし
細かいキズもいっぱいです。

バッカスくんのおなか

写真だとそこまでわからないけど、
透明のピックガードがあるところと
それ以外のところが違う色になってきました。
明らかにタバコのヤニだな・・。

弾いてるだけでボディの裏側にはバックルのキズもつくし、
ライブ中にメンバーにブツケたことも多々あり・・。

まぁこういうのを『味』や『勲章』と受け取るか
単に『傷』、『汚れ』と感じるかはそれぞれですが
やっぱりキレイなのはキレイでいいなぁと思う今日この頃。

近々ちゃんとお掃除してみようかと思っています。
ホントはベースマガジンの『クリーンナップ大作戦』に影響された。

けど、このベースは塗装がラッカーやポリではなく
オイルフィニッシュなので、あんまりヘンなものを
塗りたくっちゃイケナイ気がします。

どうやらレモンオイルやオレンジオイルを使うのが
いいみたいですが、過去のトラウマとして
クルマのヘッドライトをぬりぬりガ○コで磨いて
死んだ魚のような目にしてしまったことがあるので
ちょっと慎重になってます。
よい子はぜっったいにマネしないように。
説明書きにちゃんと書いてありましたが・・。

オレンジオイルは指板のクリーニングに使ってますが
ボディがオレンジ色になっちゃったらどうしようかと・・。(笑

まぁまずそんなことを悩む前に

替えの弦買う金を捻出しないとね!!

あー。最近機材ネタばっかりだぁ・・。
だってナニもしてないんだもん。

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

ピック一重
最近はネットの普及もあって通販が手軽になりましたね。
オレも音楽機材を買うときなんかはよく利用します。
(楽器本体は個体差があるので触らずには買いませんが。)

今回も音楽機材でちょっと買っておきたいモノがあって
通販価格を調べたのですが、元々の値段が安いこともあって
送料や代引き料を考えると数百円の差しかありませんでした。

店頭でも多少の値引きがあれば、同じくらいの値段だろうし
その場で手に入る店頭の方がいいと判断して楽器店へ・・。

値引きゼロの定価で売ってやがりました。

まぁイイちゃあイイんですけどね・・。
なんでしょう?この釈然としない感じは。

ちょっと葛藤しつつも、やっぱり通販に。優柔不断。

せっかく送料払うんで、ついでにそのうち買おうと思ってた
モンスターケーブルも1本追加。
もともと買うつもりだったモノより高いケド。

さらに欲張ってこの前試して気に入ったJimDunlopのピックも
10枚ほど入れてしまいましょう。
通常105円なので70円で買えれば代引き料くらい浮きます。

ハイ。ココが運命の分かれ道でした。

こうして日曜日の商品到着を見越して
金曜日の深夜(ていうか土曜の早朝)、
ネット通販を申し込んだわけですが、
本来商品が発送されるであろう土曜日に

大変申し訳ございませんが、431R1.0は現在在庫9枚となっており
不足分1枚につきましては、取寄せにお時間をいただきます。
恐れ入りますが、何卒ご了承下さい。


とのメールが。

431R1.0ってナニ??

・・ピック一枚かぃ!!

紙一重ならぬピック1枚の差
日曜日のワクワクがどこかへ行ってしまったよぅ・・。

ピック一枚・・70円
送料・・525円

サラリーマンの休日・・プライスレス!!

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

リズムトラック作成中
参加中のコピバン課題曲を練習しているのですが、
どうもCDに合わせて弾いてもメトロノームを使っても
ある程度から先はイマイチいい練習になってない
ような気がしてきました。

ってワケで思いつきでドラムのみの音源を作ることに。

ベースマルチ『B2.1u』についてきた『CubaseLE』という
DTMソフトを使うことも考えましたが、
あんまり手間をかけずにチャッチャと済ますために
今回はZOOMのお手軽MTR『MRS-8』を使ってみました。

このMTR、CandySlymeでの音源作成でも使用しましたが
その時はベース録りのみだったので、
実はドラムマシンの機能はほとんど初体験です。
(MRS-8使用の音源はココにあります。よかったらどうぞ。)

もともとプリセットされているパターンを組み合わせれば
ある程度のモノは作れそうですが、せっかくスコアもある
コピー曲なので、できるだけ同じに作ってみよう・・
ということでまずはパターンを作成。

時間短縮のため『リアルタイム録音』
(メトロノームに合わせてキーを叩く方法)を
試みるもののズレまくって即挫折
そして絶対ドラマーにはなれないと再確認。

泣く泣く『ステップ録音』にスイッチしました。
バスドラ打って・・「ドン」
1拍空けて・・
スネア打って・・「ダン」
1拍空けて・・
とチマチマ1つずつ打ち込んでいくワケです。
しかもそれをマニュアルとニラメッコしながら。

日が暮れるどころか夜が明けました。(笑
そしてまだ1曲完成せず・・。

こんなコトやってるくらいなら、
CDに合わせて練習してた方がいいのは明白ですが、
ちょっと意地になってきたので1曲は絶対やります。ふっ。

どうせならベースもレコっておけば
ギターの2人も練習に使ってくれる・・かな?

さっ。続きのドン・・ダン・・しよ。

テーマ:DTM関連 - ジャンル:音楽

自宅用機材
この前、ミキサー云々の話を書いたので
思い出したかのように自宅で使っている機材の
写真をアップしてみます。

考えてみれば、バンドのメンバーでも
会うのはスタジオや飲み屋や会社の食堂なんかが多いので
わざわざ自宅まで呼んで見せる機会って少ないですね。

ってワケで・・

自宅機材


コレです。どーん。

以上。

・・・

ん?短いですか?そうですか・・。

けど、1つ1つ説明してもほとんどの人は
つまんないですよね?

ざっくり書くと上段が上から
・リバーブ(ZOOM 1204)
・パッチベイ(BEHRINGER PX3000)
・ミキサー(Mackie CR1604)
下段が上から
・イコライザー(YAMAHAのヤツ)
・チューナー(KORG DTR-1)
・ギター用マルチエフェクター(BOSS GX-700)
・ベース用プリアンプ(SansAmp RBI)
です。

実はこのミキサーはCandySlymeをやってるころに
ラックごとドラムの1000くんからお下がり
安く譲ってもらったモノだったりします。
あー。ギターマルチとリバーブもだ。(笑
ほとんど全部とも言う。

一年前の冬だったと思いますが、
ラックは組み立て式だと信じきって
クルマで1000宅まで引き取りに行ったワケですが。

いざ運び出そうと言う時になって
どうやら一度組んだら外せない部品があると判明。

トランクもリアシートもおまけみたいな
2枚ドアクーペが鉄クズに見えた瞬間でした。(笑

結局どうにか助手席に逆さに押し込んで
冬の夜に全開の窓からラックの足一本突き出た状態
小一時間ドライブして帰りました。

どこぞのCMじゃありませんが

事前によく確認しましょう!!
ってコトですね・・。

貸す金はありませんが。

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

やっとNANA読めた・・。
4ヶ月くらい前にココで読み始めた『NANA』ですが、
最近やっと続きを借りることができました。
もちろん前読んだ分は忘れたのでもう1回読みました。

ヘンにじっくり読んでしまうせいか、
昔から異常に本を読むペースが遅いので
まだ6巻くらいなのですが、ネタに詰まったので
今のところの感想など・・。

大したコト書かないのであまりネタバレはないと思いますが
これから読むから絶対先を知りたくないという方は
読まないでくださいね。勝手だなぁ・・。

バンドマンとしてはやはりバンド物のマンガ
としての期待が多々あるワケですが、
なんだかんだ言ってもそこは少女マンガ、
やはり恋愛マンガの要素が強いみたいですね。

いや、そこまでは前に読んだ時点で覚悟してたんですが。

だんだんエロマンガ化してきてます。

これからライブだ!なんていう一番期待しているシーンは
サクっとカットされて、次のコマは打ち上げで
誰かと誰かがチュッチュしてたり・・。

ちょっと期待ハズレなところもあるけど
それはそれで楽しむことにしよう。

少し違った切り口でパート別に見てみると

○ヴォーカル
ナナ:しょっちゅうチュッチュしてるけどレン一筋。
レイラ:シンと遊んでるけど、普段から遊び人ではないらしい。

○ギター
ノブ:純愛小僧。
レン:遊び人っぽいけど、今はナナだけ。

○ドラム
ヤス:昔話が出てきたくらいで特に何もなし。
ナオキ:恋愛に絡まず。

○ベース
シン:ヤリまくり。金取ってる。っていうか援交。
タクミ:遊びまくり。準主役食った。

ベーシスト = 極悪。

いたたたた・・。
なんか恨みでもあるんでしょうか。矢沢先生。

一般世界のベーシストはとっても健全な生き物ですよー。

きっとシンとタクミは最終話で

恵まれない子供たちに
多額の募金をするに違いありません。

そんな話じゃねーだろ・・。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

効果的な練習
『全力投球宣言』をしてしまったにも関わらず
土日家を空けてしまい、まったく練習できなかったので
何とか取り戻すべくベースを弾いています。

ところで、最近ちょっと気になっているのですが
スタジオ前の個人練習ってみんなどうやってるんでしょう?
今更ナニ言ってやがる・・。

目標がどうとか時間がどうとか言う話ではなくて
単純に環境的な話で。

オレはベースをエフェクターからミキサー経由で
PCのラインに入れて、PC上で再生した音源に合わせる
という方法で何の疑いもなくやっていましたが、
たまにそんな話をすると人によってやり方が
全然違うみたいです。

・オレと同じようにミキサーを使う人
・コンポなんかで音源流してアンプで楽器を鳴らす人
・楽器は生音で鳴らす人
・音源は使わずにメトロノームでリズム取る人

オレもいろいろ試してみましたがやっぱり一長一短ですね。

ミキサーを使うとモニターはしやすいですが
元の音源にも同じパートが入っていたりするので
弾けていないところもできた気になってしまうことがあるし
生音だと細かいニュアンスが練習できなかったり
余計な音が出ているのに気付かなかったり。
メトロノームはごまかせない分練習になりますが
元の曲のノリやキメがつかみづらいです。
曲覚えてないと使えないし。(笑

バンドマンのみなさま、
オススメの方法があったらぜひ教えてくださいマセ。

その前に環境で練習をラクにしようとする根性を直せ。オレ。

テーマ:バンド - ジャンル:音楽

自己満足の仕方
細々と活動しているコピーバンドですが、
どうにか次のリハ予定が立ちました。

なかなかメンバーの都合がつかず
1ヶ月近く先になってしまいましたが
まぁそういうスタンスのバンドなんでOKです。

で、1ヶ月間も個人練習期間が与えられてしまったワケですが
正直迷っているのが『どこまでやるか』です。

何度か書いていますが、今回のテーマは『自己満足』。
メンバーとして参加しているだけで満足できればそれもよし。
完璧を目指すならそれもよし。
各メンバーごとに目標も楽しみ方もバラバラでしょうから
『ちゃんと練習せい!』なんてことは言うつもりも
言われる覚えもありません。

となると、とりあえず合わせられるレベルでいいのか
可能な限り完コピなのか迷うワケです。

でね、結局たどり着いた答えは

全力投球。

なんかそんなコト考えることがアホらしくなってきました。
もともと好きでやってるコトで手を抜いて楽しいワケあるかと。

そんなんで誰かひとりにでも『ベースが足引っ張ってる?』
なんて思われちゃったら満足の「ま」の字もありません。

ホンネを言えば、各自に任せると言いつつも
やっぱりレベルの高いバンドであることに越したことはないです。
みんなが様子見しながら『こんなモン?』と思ってたら
絶対それ以上のところには行けないので
「アイツちゃんとやってんじゃん。じゃオレもやろうかな。」
というのがみんなの満足になればベストだと思うんですよね。

従いましてぇ・・

全力投球。

ハイ。言っちゃいましたぁ。

全力投球。

さりげないメンバーへの要望と自分への最大の圧力。

テーマ:バンド - ジャンル:音楽

陰陽珠玉
陰陽珠玉

陰陽座のベストアルバム『陰陽珠玉』買って来ました。
2月8日発売?もう8日ですから。細かいことは気にすんな。

曲に関しては、このアルバムでの初収録曲はないので
知ってる曲を知ってるように聴いてるわけですが
陰陽座を聴き始めてからの歴が浅いので
リアルタイムで発売日を迎えたのは初めてです。

ざっくり聴いた感じでは、陰陽座のように
アルバムにある程度のコンセプトを持たせているバンドの
ベスト版というのは、少し趣きに欠ける感は否めないですね。
どこから切っても金太郎飴状態なので。

作曲者がほぼ同じというのもあって、
シングル的な扱いの曲を集めるとどうしても曲調が近いです。
サビのコード進行ほぼ同じなの3曲見つけた。(笑

けど、単純にカッコイイと思える曲が盛りだくさんなのは
それはそれとしてやっぱり満足できます。

さらに一見地味なことのようですが
デジタルリマスター版ということで、音質がかなり違います。
実際どんな処理なのかあんまり知らないんですが(笑
音の分離がハッキリしていてコピバンをやろうとしている
立場としてはうれしいところですね。

まぁ結局のところただ欲しかったから買っただけなんで
リマスターじゃなかろうが、ベストじゃない新譜だろうが
やっぱり買ったと思います。
そんなヤツの意見は参考にならないですね・・。(笑

さ。続き聴きたいんでこの辺で・・。

テーマ:陰陽座 - ジャンル:音楽

ベースアンプ
先週スタジオに入り、半年ぶりにアンプに
シールドを挿したワケですが、
(家ではミキサーからヘッドホンかモニタースピーカー。)
なかなかどうして、また音作りに迷いが出てきました。
まぁ年中行事ですが。

まずいっしょに音を出すメンバーが変わったことと
スタジオが変わったことでアンプの種類が変わったことが
大きな原因だと思いますが、さすがに毎週スタジオ行って
月イチくらいでライブをやっていたころと比べると
『その場にあるモノで音作り』という適応力が落ちたみたいで
満足な音が作れませんでした。

もっともライブを前提とするならば
客席への出音はPAを通した音であって
ベースアンプは自分たちが聴こえればいいという扱い
(何弾いてるかわかりやすくて、ムダに大きくない音)
ですが、スタジオリハで完結してしまうのであれば
それなりにカッコイイ音を・・という時点で
音作りの趣旨も違うワケですが。

今までの経験からベーアンをイジるポイントは
ほとんどのアンプはラインに比べて低音が出やすいので
エフェクターなどで音を作ってあって、
ラインでモニターした時にいいバランスなら
アンプの低音は少し抑え気味の方がうるさくないです。
(モニターとして。)
ただしライブなどDIで分岐することを想定するなら
DIの手前(エフェクターとか)で低音を絞ると
PAの出音は高音が強調されてしまうので注意です。

それとアンプのEQはあんまりハデに動かさない方が
結果的によかったりします。
もしやるなら欲しいところを上げるのではなく
いらない音域をカットした方がいいみたいですね。

最大のキモはインプット(ゲイン)と
アウトプット(マスターヴォリューム)の調整ですね。
ゲインが大きくてマスターが小さいと音が割れますが
"割れ"というのはよく言えば"歪み"なので使いようです。
いや、『歪み』も一般的にはいい言葉じゃないな・・。

逆だと歪みの少ないクリーンな音にもなりますが
極端だとノイズが大きくなります。

感覚としては
『怒鳴り声を録音して小音量で再生』と
『囁き声を録音して大音量で再生』みたいなモノです。
なんか違うか??

このへんのサジ加減が一番難しいですね。


あー今日もいっぱい語ったなぁ・・。
ここまで読ませといてナンですが・・

あんまり鵜呑みにしないでねー!!

所詮素人の戯言ですから・・。

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

バイオリン
バイオリン

突然ですが、今家にバイオリンがあります。

実は音楽一家の家庭で育った私は
幼少のころから常に音楽と共に育ち
3歳で始めたバイオリンは物心がついた時には
手足のように・・

なんて事実はまったくなく

高校生の時にお小遣いとお年玉貯めてギター買った
どこにでもいる普通のロックにーちゃんなので
バイオリンなんてモノは今日初めて触りました。(笑

仮にもギターやらベースなんかの弦楽器をやっているので
なんかソレっぽいことはできるかなぁ・・
なんて思っていたのですが・・。

甘かった・・。

よくドラマとかマンガなんかに出てくる
絵に描いたような音は描けないけどね。
ヘタクソなバイオリンの音が出ました。
ギ~ギゴ~ギギギ~みたいな。(爆

まぁそれ以前に賃貸住宅じゃ近所が気になって
こんなヘタな音出せません。
今度山奥の実家行って弾いて(って言っていい?)こよ・・。

ちょっとおもしろかったのはチューニング。
バイオリンの弦は4本なので
ベースと同じく低い方からEADG(ミラレソ)か
ギターの高い方4本分と同じDGBE(レソシミ)あたり
かと思っていたのですが、実際には低い方からGDAE。

なんじゃこりゃ??

と思っていろいろ考えたらベースと同じ音
(もしくはギターの低い方4本分と同じ音)が
逆に並んでるんですね。

というかギター、ベースは基本的に高い方の隣の弦は
4度上、低い方の隣が5度(のオクターブ下)なので
高い方の隣が5度上の音っていうバイオリンの方が
普通なのかも知れませんね。

まぁそんなことがわかったところで
弾けないものは弾けないワケで・・。

とりあえず・・

フレットの線引いてピック弾きしたい・・。(笑

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

ヴォーカル勧誘中
今日は2ヶ月ぶりくらいに前のバンドのヴォーカル
JOVJOと会ってきました。
肉声で『あけおめ』って言ったのは数日前

目的は『NANA』を借りるため
今度始めたコピバンでヴォーカルをやってもらうため。

今後の話やら、CandySlyme時代のここには書けない話など
お茶をすすりながら小一時間話してきたわけですが、
よく考えてみたらバンド組んでた時はありえない状況です。

あぁ・・いや、1回だけありました。
ドラム1000とギターTomoが寝坊して
ライブの集合時間に遅れてきた時。(笑

今思えば、マジメにバンドを考えるがために
相手の技量に不満があったり、必要以上に要求があったりして
仲悪かったのかなぁ・・と。

というワケで。

またケンカ始めたら
マジメにバンドやってるってコトですよ~。
>メンバーのみんな

ケンカするほど仲が・・やっぱり悪い・・と思う。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

ベース壊れた・・。
かなり誇張してますが。(笑

先日のスタジオでどうも音がおかしいな
(というかノイズがやたら入る)と思ったら
トレブル(高音域)を調節するツマミが緩んで
ガタついていたようです。

ネジもナットもボディの表面に出ているので
そのままでも締められるように見えますが
つまらんところで手を抜くと、裏側のポッドが
いっしょに回転して最悪回路が捻じ切れます。

ってワケで裏側を開けて修理修理♪
ナゼ楽しそうなんだ?

バッカスくんの中身


はい!コレ見て今日の記事はもういいやと思った人!

一歩前へ!!

別に

このBacchus製の02standard4というベースはBARTOLINI製のXTCTというプリアンプを内蔵していて、高音域は4kHzの帯域を±13dB、低音域は30Hzを±13dBの幅で調整できる上に、内部トリマーの調整でミッド500Hz帯域をカットの方向のみ設定できる仕様になっている

なんてこと書く気はないんですよ。
書いたじゃん。

ただ・・

とても美しい回路ですよね!!
たぶん病気だと思います。ハイ。

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。